スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ギラファ餌交換  

こんばんは。
週末ブロガーのかずずーです(笑)
最近の行動パターンは
ニョロたちを観察 → 成虫たちを観察 → そのままうたた寝(-_-)zzz

まぁ室内飼育ですので平気ですが、若干寒いです...
まだ私自身冬を満喫していませんが、それと裏腹に春も待ち遠しい今日この頃です。

さて、本日の虫ネタです。
中プラを半分に区切ったスペースでマット管理していたギラファ
3ヶ月ほど経ちましたので餌交換をしました(^^)
毎度の如く、餌を交換すると底の近くは糞が多かったです(^^;)
ただ、12月頃からは寒さで彼らも食欲が落ちていたから餌は足りていたようですが。。。

餌交換のときって、皆さんは全交換しますか?
私はマットを篩にかけて糞を取り除き、残ったマットは再度戻します。
ただ、新マットと旧マットを2層にならないように、1回全混合しています。
ツヤクワ系の場合は
全交換すると環境変化によるストレスで☆になりやすいと聞いていたので
マットのときは全交換はしないようにしています。
☆までいかなくても、出来るだけストレスを与えないように。
オオでも、菌糸の種類やメーカーを揃えるといいとか聞きますし
やっぱりそういうのはあるのかなと。

で、例の如く体重測定もしました。
24g                25g
ギラファ1_0131     ギラファ2_0131

はい。小さいですね(>_<)
前回の餌交換時とほとんど変化ありません(>_<)
左側が2g増、右側が変化なしです。

ニョロの色からして前蛹まではまだ時間がかかりそうな気配ですので
期待を込めて中プラケース単独飼育にしました。
餌は豊富だ!好きなだけ食して大きくなあれ(^^)
但し、両者とも卵巣らしきものが見えるような見えないような・・・
もしや2頭とも♀かも!?
スポンサーサイト

category: ギラファ(ロンボック)

散策  

こんにちは。
最近は完全に週末ブロガーと化しているかずずーです。
仕事の忙しさは今に始まったことではないのですが
最近の平日は疲れに負けてしまい記事アップする時間を取れません(+_+)
改めて、日々記事をアップされているお仲間の皆さんには頭が下がりますm(_ _)m
ということで、マイペースでボチボチアップしていきます(*^_^*)

平日は疲れてしまいますが、週末くらいは活動的に過ごしたい!
ということで、昼間の数時間ですが、散策してきました。
メインは来シーズンのポイント探しですが
いい材が見つかれば割ってみようと思い、こちらの準備もしていきました(^^)
私の住む静岡県中部では山に入っても本命はいないと言われていますので
狙いはミヤマやヒラタなのですが、本命がいたらいいなぁという夢も抱きつつ♪
ヒメオオはいないのかな??よくわかりません。

さて、クルマを降りて歩くこと20分くらい。
とある川沿いの林の入口のところに転がっている材を見つけました。
倒木_140125
すぐ近くにあった柳の枝が落下したようですね。
直径は10cm程度。
コクワくらいはいるかもしれませんが、割ることなく次のポイントに移動。

もう少し標高の高い場所まで行き、山間の幅の狭い川沿いの林に入りました。
そこで、1本のクヌギと思われる木を発見!
夏の樹液痕もあり、頭上2mほどのところに折れた枝が引っかかっています(^^)
クヌギ?_140125
折れた枝の直径は太いところで15cmくらいありそうです。
しかもよく見ると、キノコがついてるではありませんか!!
キノコ1_140125       キノコ2_140125

カワラタケ?ニクウスバタケ?
キノコの種類はよくわかりませんが、まだ材は硬そうです。
あと数年もしたら産卵木になるのでしょうか(^^)
ぜひぜひ荒らされることなくこのままの環境を維持してほしいものです♪

とりあえず、次のシーズンになったらまた来たいと思います。
その頃は下草が満載で近づくのも困難かもしれませんが(^^;)

category: 採集記

生存確認  

こんにちは。

先日クルマを運転しているときに聴いていたFMで
各地域の周波数を伝えるアナウンサーの声が
浜松:78.4
静岡:79.2
沼津・三島:86.6
御殿場:81.6
・・・・・
沼津や三島がちょっぴり羨ましく感じてしまいました(^^;)
80前後の数字の並びに敏感な最近の私です。

ということで虫ネタです。
ときどき皆さんのブログでも拝見していましたが
我が家のノコも新しい年を迎えることができました!
本日久しぶりに確認しましたところ、無事に生きています(^^)
ノコ_140113

動きは緩慢ですが、指にしがみつく力はしっかりしています。
やや体が硬くなっているもののフセツ欠けもありません(^^)
木屑の端を顎の間に持っていくと噛みついてくるほど元気です♪
冬眠しない種ですが
寒さで動きが鈍くなり、じっとしているようです。
そのおかげでエネルギーを使わずに寿命が延びているのでしょうかね。
あとどれくらい生きてくれるかわかりませんが
のんびりと人生を全うしてくれればと思います。

写真のピントが合っていませんが
彼女を早くケースに戻したかったのでご容赦ください(^^;)
今回起こしてしまったために撮影後もケース内で動いていました(^^;)
寿命を縮めてしまったかな!?

category: ノコ

コーカサス近況  

こんにちは。
本日も仕事は休みでしたので珍しく連投です。

1ヶ月ほど前に、コーカサス♀の☆と♂1頭の蛹室を報告しましたが
この蛹室はどうやら蛹室ではありませんでした。
いつまで経っても蛹化することなく、今月になって自ら這い出してきました。
彼らなりの新年の挨拶だったのでしょうかね(^^)
この蛹室らしきものを作っていた♂は9月のマット交換後交換していなかったので
これを機にマット交換しました♪
そしてついでに体重測定。

♂:97g
コーカサス_0113-1

9月の交換時に92gだったのでさらに伸びました。
もしかしたら一旦100gを超えて蛹化に向けて縮んだのかも!?
いずれにしても十分なサイズです♪

こんな寒い時期でも相変わらず元気いっぱいでして
移動時に持ち上げたら噛み付こうとしてきました。
とはいえ、寒さに弱いニョロなので
マットに投入したらとっとと潜ってきましたが(^^)
全くカワイイ奴です♪

そしてもう1頭。
♂:85g
コーカサス_0113-2

こちらは12月に78g(9月は79gでした)だったニョロですが
なんだか様子がおかしい!
実は年末にケースの外から見たときから全く動いた様子がなかったのです。
その様子が気になったこともあり、こちらも急遽掘り出してみたのですが
もう1頭の元気さとは打って変わって、こちらはまったく動きません。。。
寒さで仮死状態とか?
でも今月からはカイロで温度を上げてますので動き出してもおかしくないはず。
ニョロって、死んだら黒くなりますよね?
昨シーズンの寒さで☆になったインタメたちも黒くなっていました。
ですが、このニョロはどう見ても生きてるように見えません。
それどころか、皮膚も固くなってきて間もなく蛹化!という感じの色です。
年末から動いた形跡がないので、死んだとしたら2週間は経っています。
それで変色しないということはどういうことなのでしょうか??

ちょっと判断つかなくなって、ショップで見てもらいましたが
やっぱり死んでるとのこと。
12月から7gも伸びているので死亡時期としては年末直前でしょうか。
ショップで店主と一緒に卵巣も確認しましたので
巨大な♀だったようです。
原因として1番可能性が高いのは寒さでしょうね。
ですが、発泡スチロール飼育なので☆は免れる温度だったはずですし
うーん。先天的に何かがあったのか、よくわかりません。
何よりも見た目で全く変わらないのも謎です。

まったく動かないのできっと☆なんだと思いますが
いつか彼が仮死から目覚めてもいいように、このままカイロ飼育を継続してみます。
せめて見た目で☆が明確になるまでは・・・

category: コーカサス

温度管理の代わりに  

こんばんは。
全国あちこちで降雪や積雪といった話題が挙がっている中
相変わらず雪とは無縁の静岡です(^^)
暖かいのはありがたいのですが
子供たちにとってはちょっと寂しそう(^^;)
私自身も、生まれ育った土地では1シーズンで3~4回は積雪があったので
全く雪のない冬は、やっぱりちょとだけ寂しいですね。


さて、我が家はかろうじて室内飼育を許されているのですが
さすがに5℃近くまで下がる日も出てきています。
今のところ、寒さで☆になったのはほとんどありませんが
伸びを期待するのなら少しでも温度は上げたほうがいいですよね。

ということで
年末の記事で皆さんにお伺いしていた段ボール+カイロ管理を
今月から開始しました♪
これで箱の中は最低16℃はキープしています。
40℃以上を20時間保持してくれるカイロですが
これ1個でなんとか3日くらいは持ちます。
もちろん箱サイズにもよりますが、最低気温でカイロなし+3℃くらいです。
皆さんから教えていただいた酸欠の懸念も
もともとの機密性の低さで問題なさそうです(^^)

ただ、カイロから近いボトルなどは予想以上に気温が高いので
効果あり過ぎてスイッチ入っちゃうかも!?
外産カブトとツヤクワ系の死亡リスクを減らすための措置ですが
結果はどうなんでしょうね??
ちょっと気になることが起こりましたが、そちらは次の記事で。

1/13追記:
説明不足でスミマセン。
段ボールの内側には全面にアルミシートの断熱材を貼り付けています。
でないとさすがに熱は逃げちゃいますね(^^)
既におわかりかと思いますが、念のため申し添えておきます。

category: その他

tb: 0   cm: 8

謹賀新年  

既に新しい年も3日目ですが
新年あけましておめでとうございます。

昨年はブログを始めたことで
私のクワカブ飼育の大きな起点の年となりました。
ブログを通じて全国のクワカブ仲間の皆さんと交流させていただき
情報交換や貴重な生体をお譲りいただいたりしました。
そして、それまで1人で細々とやっていたこの趣味がとても楽しくなりました。
同じ趣味を持つ同世代の人がこんなにいるとは(^^)
一気に心強くなったのはいうまでもありません。
今年も自分のペースで出来ることを続けていこうと思っていますので
今後とも引き続きよろしくお願い致しますm(_ _)m

というわけで、今年一発目の虫ネタは
ひでのぱぱさんからいただいた能勢YGニョロです。
種親は、♂75mm(866直仔)、♀47mm(80系)ということで
血統は申し分なし。
なのですが・・・
結果は21g、16g、10gです。
能勢YG(0103-1)   能勢YG(0103-2)   能勢YG(0103-3)

例の如く、♂♀判定はしていませんが、小さいですよね(^^;)
今回の菌糸ビン交換も遅すぎた感があります(>_<)
ひでのぱぱさん
血統を活かしきれず申し訳ございません。
ここからの巻き返しに期待して1500cc菌糸に投入しましたが
まずは無事羽化して次世代に繋げれば♪
まさかの3♀だったりして・・・

category: オオ(YG;ひでのぱぱさん血統)

プロフィール

カテゴリ

最新記事

カレンダー&アーカイブ

counting since June 3rd 2013


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。