スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

瀬戸オオ近況  

お久しぶりでございます。
もともと週末ブロガー程度の更新頻度でしたが
最近はさらに進んで隔週ブロガーになりつつあります(^^;)
今月から引き継いだ仕事がどっさり追加され、家でも残務に追われる始末。
さらにそこにきて、資格取得も命じられ、いよいよ自由な時間がなくなってきています(>_<)
少々ストレス溜まりまくりでしたが、少しずつ羽化している虫たちに癒されています。

さて、順次羽化している中で喜びと悲しみの両方を味わうことになったのが瀬戸オオ。
まずニョロ4頭の変遷は以下のとおりです。
'13.07上  割り出し。 (親:♂71mm、♀47mm)
'13.07中  800mLに投入。
'13.11:   1500mLに投入24g、28g、30g、13g
'14.03:   28gが暴れたため1500mLに投入。体重測定したところ26g

その後、菌糸準備が間に合わずタイミングを逸したうちに前蛹⇒蛹化となり、まさかの2本返し。

そして6月下旬から順次羽化し、先日最後の1頭を取り出しました。
まず、26gと13gの2頭です。
瀬戸オオ_0707-4
少しマットが付いてますが、完品でした。
♂77mm、♀49mm。
皆さんのサイズに比べれば全然小さいですが、とりあえず完品ペア確保です(^^)
次世代は彼らに頑張っていただきましょう♪

そして残る2頭のうち24gは70mmの小さめで、しかも羽パカでした。
瀬戸オオ_0707-5
蛹室の空間が巨大すぎたために寝返りを打てなかったのが原因と推察しました。
歩くのも少しぎこちないですが、3週間経過した今も元気に動いています。
ブリードはムリかな。
このまま静かに生涯を全うしていただきます。

そして残る1頭ですが、7/6の記事で触れた”別の蛹を人工蛹室に移した”のがこの1頭でした。
瀬戸オオ_0707-1     瀬戸オオ_0707-2
居食いしたその部屋で蛹化したために蛹室としては巨大すぎたのと
30gと大きかったために寝返りが厳しいと思い、意を決して人工蛹室を作成したのですが
瀬戸オオ_0707-3
人工蛹室の作り込みが悪かったためか、人工蛹室でもうまく寝がえりできなかったようで
そのまま重度の羽パカとなってしまいました(写真は控えます)。
その後彼は3日間頑張ったのですが、残念ながらそのまま力尽きました。
埋める前にサイズを測定したところ80mmでした。
私の自己ベストです。

菌糸自体はまだ硬かったので蛹室自体は作れたのですが
空間がただ広いだけでもダメなんですね。
人工蛹室の作成もその辺りを意識するということを学びました。

完品の2頭が後食を開始するのはあと2ヶ月くらいかな?
来春までゆっくり過ごしてもらいます。
スポンサーサイト

category: オオ(瀬戸)

この時期の餌交換  

こんばんは。
世の中はGWの方も多く、どこに行っても混んでいますね。
そんな中私は渋滞覚悟で明日から岐阜に行ってまいります。
今回は友人と会う予定もあり、1人での帰省ですので自由時間がいっぱい♪
滞在は明日と明後日の2日間だけですが、この2日間で
いび森林資源活用センターくわがた村に行く予定ですv(^^)
どこかで私を見かけましたら声をかけていただければ幸甚です(^^)

ということで本題です。
この時期の気温の上昇とともに蛹化スイッチが入りますよね。
我が家でも少しずつですが蛹化が始まっています。
先日のギラファに続いて、もう1頭のギラファも蛹化しましたー♪
ギラファ-2_140501
写真からはわかりにくいですが、先日ご報告したギラファよりも小さいですが
こちらも♂のように見えます。
2頭とも♂だったら♀を探さなきゃ(^^;)
一方で、瀬戸オオたちは未だ蛹化スイッチが入りません。
こちらは以前の餌交換時に24g、30gだった2頭です。
以前24g             以前30g
オオ(瀬戸)-2_140501     オオ(瀬戸)-1_140501

新たな菌糸ビンの調達が遅れてしまい、交換のタイミングを逸した感があるのですが
今から交換すべきか否か迷っています。
なんとなーく前蛹にも見えますので
交換は避けてこのビンで羽化まで持って行った方がいいのでしょうかね。

皆さんのご意見をいただければありがたいです。

category: オオ(瀬戸)

tb: 0   cm: 2

あれ?  

おはようございます。

だんだん暖かい日が多くなってきましたね。
それでも室内常温管理の我が家では 朝晩の気温が低いようで
産卵セットを組める状況にはありません。
親候補の虫たちも起きてるものもいればまだ寝てるものも(^^;)
見よう見まねの作成中バクテリア材もまだまだ使用に至らず。

ということで、今はまだあまりすることがないのですが
1本だけ劣化も激しく、食い荒らしてしまっているビンがあったので交換しました。

瀬戸-1_140322

こんなに食い荒らしていたら体重も増えてるかな?
そんなことを考えながら掘り出していると、なかなかのサイズのニョロが登場。

これは大丈夫かな?

で、早速体重測定。
瀬戸-2_140322

♂26g。
前回の交換時が11月で28gでしたので-2g。
しかもなかなかいい色になってきているじゃないですか!

あれ?
見た目的には かなりいい感じで乗ってると思ったのですが...
まさかの体重減。

外からあまり餌を食べているように見えなかったので
寒さで活動停止していると思い 4ヶ月も放置してしまいましたが
交換が遅かったのかな??
外側からはわからなかったのですが内側はほとんど荒らされてる状況でしたし。

となると、残る3頭も急いで交換した方がいいかも。
あっ、菌糸ビンがあと1本しかないっ!!爆
急いで購入しないとっ!

そんな私の焦りなど知る由もなく 彼は新たなエサ場に潜っていきました(^^)
瀬戸-3_140322

この瓶で羽化まで持っていくことになると思います。
サイズはともかくとして、無事に羽化するのを願います。

category: オオ(瀬戸)

瀬戸産オオ 菌糸ビン交換  

今日はずっと雨が降ったりやんだりで、ずっと家の中にいました。
しかも雨がやんだ後はなんだか寒くなってますね。
季節は確実に冬に近づいていることを実感します。
こんな天気の中、採集に行かれた皆さま、お疲れ様です。
寒暖の差が激しい時期ですし、ご自愛ください(^^)

さて、ようやくですが、オオの菌糸ビンを交換しました。
前回交換が7月中旬でしたので4ヶ月。
詰め詰めして菌糸が回るのを待ってる分だけ遅れてしまった感じですね(^^;)
とはいえ、先日報告したとおり、1500ccのボトルは
もう十分菌糸が回っていますので、今回はそれを使いました。
そしてついでに!?こちらがメイン??の体重測定です。

♂:28g            ♂:30g            ♂:24g
ニョロ1_1110   ニョロ2_1110   ニョロ3_1110

♀:13g
ニョロ4_1110

♂♀判定は毎度のことですが体重からの予測です。
ですので24gが♀だったりする可能性もありますが
それは羽化したときのお楽しみということで(^^)

それにしても、外から見てデカいっ!って思っていましたが
30g、28gってのはうれしいです♪
まだそこまで色づいていないのでもう少し成長してくれるかなと(^^)

5月上:ペアリング→セット
7月中:割り出し→800cc菌糸ビンに投入
11月上:1500cc菌糸ビンに投入

そして瀬戸産オオと一緒にリツセマ(パリ―)オオも菌糸ビン交換しました。
♀?:9g
ニョロ5_1110

こちらは1ヶ月遅れの8月割り出しで800cc菌糸ビン投入ですので
まだこれからの伸びに期待です。

category: オオ(瀬戸)

割り出し決行!  

先日割り出そうと思い、材が噴出しているのを見て思いとどまった材ですが
そろそろ皆孵化してるかなぁと思い割り出しを決行しました。
あれから約1ヶ月。我ながらよく我慢しました(*^_^*)
こちらが割り出し前。相変わらずキレイです(^^;)
割り出し前

そして決行。
私は基本はマイナスドライバーで端から少しずつ皮をはいでいくやり方ですが
思ったよりも硬く、ちょっと力を入れて割り出したため、現在腕がやや筋肉痛です^^;)
で、結果は
2齢が2頭で初齢が7頭の9頭 + 2プチ
割り出し後

硬い部分を力を入れて剥いだときに、剥いだ材で中にいたニョロをプチってしまいました。
ごめんよぉ(>_<)
ということで、無事に割り出したニョロたちは、現在はプリンカップにて活動してもらっています。
ニョロ投入

明日にもスマトラとともに800mL菌糸にお引っ越しの予定。
元気に育ってね♪

category: オオ(瀬戸)

tb: 0   cm: 6

プロフィール

カテゴリ

最新記事

カレンダー&アーカイブ

counting since June 3rd 2013


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。